記事を検索

2018年5月13日日曜日

憲法フェスタ:阪神間の幅広い結集で

5・4憲法集会実行委員会主催の「憲法フェスタ」がいたみホールで開催され、七百五十人が参加しました。
安倍政権はボロボロになりながらも憲法九条改憲を執念深く狙っています。そういう中で「憲法を守りたい」という思いを幅広く結集しようと計画された集会でした。
午前中は映画「米軍が最も恐れた男、その名はカメジロー」を上映し午後は集会でした。
国会報告は六区から野党統一候補としてたたかった桜井周衆院議員、記念講演とトークセッションは山尾志桜里衆院議員、司会はミナセン尼崎の弘川欣絵弁護士でした。
憲法九条を守ることはそのほかの憲法条文も守ることになる。憲法を変えるのではなく憲法を実現することこそ必要だ、ということが山尾議員とママさんたちのトークセッション「子供の未来と、憲法が輝く社会の実現へ」で明らかとなりました。
木村真豊中市議が「将棋でいえば完全に詰んでいるのが『森友問題』。開き直る安倍政権を追い詰めよう。大阪では松井知事もやめさせるために頑張る!」と力強い決意を語りました。
最後に羽柴修弁護士から「三千万署名」の訴えを行い閉会しました。
―服部好廣(日本共産党伊丹市議団)

(兵庫民報2018年5月13日付)

日付順目次