スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月 14, 2017の投稿を表示しています

兵庫民報2017-05-14

憲法生かす政治を:メーデー、憲法集会、共謀罪反対パレード/検証兵庫県政 3:大型開発、産業立地、大企業には大盤ぶるまい/「自民党神戸」の政務活動費不正流用で書類送検/日本共産党神戸市議団が市民アンケート実施中/宍粟市議選:山下ゆみ氏激戦制し四選/香美町議選は無投票:山本・谷口両氏が当選/住民無視の太陽光発電所計画が中止/大門みきしエッセイ17:ちょっと危ない「夫婦相和し」/がんばってます!兵庫3区:ふじたに香恵子さん/兵庫革新懇の春季特別講座に50人/辺野古の新基地ゼッタイ止める!集会/武庫川渓谷廃線跡ハイキングガイド/みんぽう川柳〈四月〉「晴れ」/日本国憲法は芸術品:段重喜/観感楽学/ 憲法生かす政治を5月連休にさまざまな取り組み ことしの五月連休は、好天とはうらはらの安倍暴走政治に対し、憲法を守れ、憲法どおりの政治をとの願いとたたかいへの決意が、メーデー、憲法集会、「共謀罪」反対パレードなど様々な行事・取り組みで示されました。
メーデー
第八十八回兵庫県中央メーデーは五月一日、神戸・東遊園地で開かれ、千五百人が参加しました。
実行委員会代表委員のの成山太志兵庫労連議長は主催者挨拶で「『政治は変えられる』ということを私たちの力で示すことが重要。今年はその最大のチャンス」だとして、「七月の兵庫県知事選挙、秋の神戸市長選挙、そして総選挙で勝利し、安倍政権を退陣させ、政治を変える流れを決定づけよう」と強調しました。
来賓挨拶で日本共産党の堀内照文衆院議員は、「『共謀罪』を葬り去り、『憲法を守れ』と力を合わせていきたい。八時間働けば普通に暮らせる社会の実現へ頑張る」と決意を述べました。


津川ともひさ県知事予定候補は、各地で地域を守ろうと努力を重ねている人々と力を合わせ、兵庫県政を転換していく決意を表明しました。
新社会党兵庫県本部のきくち憲之書記長も挨拶しました。
*
「子どものために、平和のために、未来のために 尼崎憲法集会」が五月三日、阪神尼崎駅前の中央公園で行われ、二百七十人が参加しました。
同集会は、「戦争・原発・貧困・差別を許さない尼崎共同行動」が主催し、超党派で開催されたものです。
集会では、主催者を代表して、九条の会・尼崎ネットワークの高原周治共同代表が挨拶。沖縄報告や原発なくす取り組み、「従軍慰安婦」問題など各分野からの報告が続きました。
堀内照文衆院議…