スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月 12, 2017の投稿を表示しています

兵庫民報2017-03-12

私たちの願いかなう兵庫県政に
憲法が輝く兵庫県政をつくる会は四日、神戸市勤労会館で「リレースピーチ」のつどいを開き、「私たちの願いと兵庫県政」をテーマに十一人が発言しました。
*
代表幹事で神戸女学院大学教授の石川康宏さんが開会挨拶(上の写真)。七月の県知事選挙にむけて、「新しい市民運動」の人たちとも交流を深めてきたことも紹介し、「リレースピーチで互いに学びあい、県の政治に生かす道を探求したい」と強調しました。
*
弁護士の吉井正明さんは、「神戸でもヘイトデモがつづいている。兵庫県内には在日外国人が多く、兵庫県、神戸市でも条例をつくるべき」と訴え、NPO法人で活動する福島県出身の岡部眞紀子さんは、「住宅支援の継続をはじめ、東日本大震災の原発事故避難者に、もっとよりそう兵庫に」と呼びかけました。
神戸医療福祉大学の男子学生は、高い学費とバイトに苦しむ学生の実態を紹介し、「心から給付制の奨学金がほしい」と語りました。歯科医師で兵庫県保険医協会副理事長の加藤擁一さんは、地域医療構想と病院のベッド削減、県「行革」による老人医療費助成削減にふれて、「県民の暮らしを守る政治をしてほしい」と強調しました。被爆者の立川重則さんは、被爆二世への自治体独自の支援を訴えました。
*

憲法県政の会・代表幹事の津川ともひささんは、県下各地を訪問し、農協、漁協、市町長とも懇談を重ね、切実な声を聞いてきたことを紹介。「地域から学校、仕事、病院、交通がうばわれてきているが、それでは人は生きていけない。人は、地域とむすびついて生きていく。そこにしっかり目を向けていきたい」と訴えました。
*
日本共産党県議団の、きだ結県議が、県政の実態を発言。県「行革」による医療費助成の削減などの一方で、高速道路など大型公共事業やパナソニックなどへの上限のない補助金がつづいていると紹介。消費税も原発も国のいいなりの実態にもふれて、「県民の願いを正面から受け止めることのできる県政を」と強調しました。
このほか、公共交通・神戸電鉄粟生線の存続、姫路の病院統廃合問題、青年の雇用、子どもの貧困と子育て支援などの現状と要求が語られました。
県議会 ねりき恵子議員が一般質問 原発再稼働中止・給付型奨学金など県民要求に背を向ける井戸県政 県議会で三月一日、日本共産党のねりき恵子議員が一般質問を行いました。
*
ねりき議員は、今…