スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月 26, 2017の投稿を表示しています

兵庫民報2017-02-26

野党と市民の共同で政治変える
:日本共産党第77回兵庫県党会議 3党代表が初出席、挨拶
日本共産党兵庫県委員会は二月十九日、高砂市内で第七十七回県党会議を開催。第二十七回党大会決定にもとづく兵庫県党の「総合計画」を決めました。
県委員会報告の中で松田隆彦県委員長は「安倍自民党政権打倒、野党連合政府実現へ、野党共闘勝利と日本共産党躍進で政権を担える党へ、『大志とロマン』をもって、二〇一〇年代に『党勢倍化』『世代的継承』をやりとげ、日本の政治の新しい時代を前進させる強く大きな党を兵庫から実現しよう」と呼びかけました。
総選挙については、①県内十二小選挙区で野党と市民の共闘を本格的に発展させ、統一候補を擁立し、全選挙区での勝利をめざす②比例四十六万票獲得をめざし、小選挙区では必勝区(第一次)兵庫八区(尼崎市)の堀内照文議員をはじめ、候補者を先頭に攻勢的に勝利をめざす―ことを目標とし、首長選挙も野党と市民の共闘を発展させる立場でとりくみ、県知事選、神戸市長選、宝塚市長選などの勝利へ力をつくし、県内の地方議員選挙とともに東京都議選勝利に力をつくすことを提案しました。


また、七月末までに大会決定全党員読了、党員・読者の前回総選挙時回復を訴えました。
討論では、戦争法反対、「共謀罪」法案反対、原発ゼロなど、各地で市民・野党の共同行動が広がっていること、革新懇がその架け橋としての役割を果たしていることが語られました。地域の要求実現運動や「つどい」を通じて新しい党員を迎えている経験も語られました。
*
今回、初めて他の政党代表が来賓として出席、挨拶をしました。

社民党兵庫県連合代表の梶川みさお宝塚市議は、格差と貧困の拡大、立憲主義・平和主義・民主主義の危機のもと安倍政権の暴走をくいとめるため野党共闘の必要性を強調するとともに、四月の宝塚市長選での中川智子市長勝利へ、ともにたたかおうと訴えました。

新社会党県本部委員長の、あわはら富夫神戸市議は、「日本共産党が野党共闘を牽引していることに感謝」したいと述べ、阪神・淡路大震災後、神戸市長選、神戸空港の是非を問う住民投票運動など、現場の活動家どうしが共同して運動をすすめてきたことをあげ、総選挙でも「きちんと話し合うことで野党共闘は実現することができる」と強調しました。

緑の党副運営委員長の井奥雅樹高砂市議は、「これまでちょっとずつ違う動き…