スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月 5, 2017の投稿を表示しています

兵庫民報2017-02-05

憲法県政の会の津川氏、安保関連法に反対する学者らと懇談

憲法が輝く兵庫県政をつくる会(憲法県政の会)の津川ともひさ代表幹事らは、一月二十四日、「安全保障関連法に反対する学者の会」などで活動している県内大学の学者四人と懇談しました。
冒頭に津川氏から、七月に行われる県知事選挙に向けた津川氏と憲法県政の会の政策を紹介しました。「生活を支える県政」「平和にこだわる県政」「原発ゼロをめざす県政」という三つの柱を軸に、最賃一千五百円や給付制奨学金の実現、憲法九条を守り、非核「神戸方式」を生かし、核艦船をどの港にも入港させない、再生可能エネルギーの普及などをすすめていきたいと語りました。
学者の皆さんからは、「バーニーサンダース氏が、大学学費無償化や最賃引き上げで一定の支持をひろげたのを見ても、最賃一千五百円や給付制奨学金実現などの政策は大事。根拠なども含めて政策の充実がいりますね」「大学問題で、私たちの意向をくんだ主張を知事がしていただけるようになると力強い」などの意見とともに、「大学と県政のかかわりはわかりにくいので、もっと研究も必要」「安保法制廃止などもかかげてほしい」などの要望もだされました。
また「トランプ氏への危機感はひろがっているが、大統領選挙では『白人層の雇用をつくる』と疲弊した中間層の心をとらえた。どの層に何を訴えるのかというその手法は参考にできるところもあるのでは」などの意見も寄せられました。
憲法県政の会は今後、この間、新たに運動に立ち上がっているグループなどとも懇談をすすめていくことにしています。
赤穂市議選勝利めざ「日本共産党新春演説会」 市民と野党の共闘で国民の願い実現
悪政の防波堤として共産党市議団の役割重要
少数激戦が予想される赤穂市議選(三月二十六日告示・四月二日投票、定数十八)を前に市内で「日本共産党新春演説会」が開かれ百五十人が参加しました。
立候補を表明している川本孝明(63)、小林とくじ(65)両市議の応援に国会から堀内照文衆院議員がかけつけ、当選から二年の奮闘を語りました。
堀内氏は、安倍暴走政治との対決と同時に、赤穂市御崎のメガソーラー問題では現地調査をもとに経済産業省に質問、従来二千㌗以上としていた事前届出を五百㌗以上に改善させるなど、現実政治を動かしていると具体例をあげて語りました。
また、年金カット法、TPP、カジノ推進の悪…