スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 22, 2017の投稿を表示しています

兵庫民報2017-01-22

阪神・淡路大震災の教訓生かしひとりひとりの尊厳守る社会へ 阪神・淡路大震災から二十二年の一月十七日、各地でメモリアル行事がおこなわれました。


神戸・諏訪山では、実行委員会主催の「早朝追悼のつどい」がおこなわれ、地震発生の午前五時四十六分の黙禱、「神戸・希望の鐘」点鐘、トランペット演奏などで犠牲者を悼みました。
安田秋成氏(被災者ネットワーク)と石原顕正氏(NPO法人災害危機管理システムEarth)が主催者あいさつ。安田氏は、「このつどいを始めたころ六十代だった人もいまは八十代。私も九十一になった。しかし、あの時、丈夫で安全な家があればあの六千数百人は亡くなっていなかった。その無念さを思うと、つどいは続けたい」と語りました。
石原氏も「犠牲を無駄にせずどう生きるか、自然災害の被害をいかに少なくしていくか、教訓を生かすため、阪神・淡路大震災を風化させないよう十五年目に『神戸・希望の鐘』を鋳造した。生きているわれわれの糧ともしましょう」と呼びかけました。
玉川侑香氏も追悼の詩を朗読しました。


参加者は石原氏らの読経の中、『希望の鐘』をついて犠牲者を悼み、松平晃氏のトランペット演奏に声をあわせて歌い、思いを新たにしました。司会は岡部眞紀子氏(ボランティアグループ「すまいる」)。
同実行委員会は同日午前、神戸市勤労会館で「声明と琵琶による音楽法要」(導師=石原顕正氏、筑前琵琶=川村旭芳氏)を中心とした「市民追悼のつどい」も開催しました。


日本共産党の堀内照文・こくた恵二両衆院議員は諏訪山での「早朝追悼のつどい」に参加したあと、元町駅東口前でメモリアル宣伝をおこない、通勤の市民らに訴えました。
堀内氏は、神戸大学生時代に大震災に遭遇し、被災者救援に全力を尽くすなか、生活再建をあとまわしに神戸空港建設をすすめる神戸市政などに直面し、「政治を変えなければ」との思いで卒業後、日本共産党専従職員の道を選んだこと、衆院での初の質問では借り上げ住宅問題をとりあげるなど、二十年をこえてもいまだ課題を残している現状を述べ、「ひとりひとりの尊厳を守る社会へ、政治を変えていきましょう」と呼びかけました。
こくた氏も、地震発生当日に被災地入りし、被災者の実情を政府・国会に届け、また、市民とともに被災者生活再建支援法を実現してきたことなどを語るとともに、この間の野党と市民の共闘の広がりのなか、同法…