スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 15, 2017の投稿を表示しています

兵庫民報2017-01-15

尼崎地区単独の演説会に800人 安倍政権打倒、市議選勝利へ
日本共産党尼崎地区委員会は一月七日、「安倍内閣打倒! 野党共闘の勝利と日本共産党の躍進、市議選勝利!――『日本の未来を語る』演説会」を尼崎アルカイックホールで開催。八百人が市田忠義党副委員長・参院議員の演説などに耳を傾けました。
冒頭、ことし六月の尼崎市議選に向け、松村ヤス子、まさき一子、徳田みのる、川崎としみ、松沢ちづる(以上現職)、こむら潤、広瀬わかな(以上新人)の七人の予定候補がそれぞれ決意を述べ、全員当選を訴えました。

続いて、安保法制に反対するママと有志の会@尼崎の弘川欣絵さんがスピーチ。「憲法を守るため、尼崎で野党共闘を実現し、勝ちましょう」と呼びかけました。

衆院近畿比例・兵庫八区(尼崎市)予定候補の堀内照文衆院議員は「比例で共産党支持の大波を起こし、八区でなんとしても勝ち抜かせてください」と訴えました。

市田副委員長は、「大義の旗」と「本気の共闘」で野党共闘をさらに発展させ、与党・補完勢力を三分の二以下、少数勢力に追い込むこと、比例選挙議席増で野党第三党をめざし、兵庫八区の堀内氏の勝利はじめ小選挙区でも勝利し、日本共産党自身が躍進を遂げる―という総選挙の二大目標とともに、尼崎市議選での勝利を訴えました。
*
演説会終了後、市田副委員長を囲む入党懇談会がひらかれ四人が入党を決意しました。

民青同盟が新成人と対話 奨学金、最賃など切実な声

民青同盟兵庫県委員会は神戸市の成人式会場で成人式宣伝に取り組みました。
「参議院選挙に行きましたか」「あなたが社会や政治に望むことはなんですか」という項目が書かれたシールアンケートで八十七人の新成人と対話、「選挙に行った」は三十七人、「選挙に行かなかった」は五十人でした。
「社会や政治に望むこと」では、「選挙に行かなかった」人からも「ファミレスで働いている。深夜一時半まで働いているが、ゼロ時以降は給与が出ない」「奨学金を月十万円借りている。卒業後返済が不安」などの切実な声が聞けました。シールアンケートには「学費値下げ・返さなくても良い奨学金を」「最賃を千五百円に・ブラック企業をなくす」に多数のシールが貼られました。


選挙に行かなかった理由を聞くと「当日バイトがあって行けなかった」「部活の大会で行けなかった」という人も。「期日前投票というのがあるのは知りま…