スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 1, 2017の投稿を表示しています

兵庫民報2017-01-01

《目 次》
新しい日本を兵庫から「戦争サポート」兵庫から平和の兵庫へ私たちも頑張ります:国会議員の決意ひなたぽっころりん〈589〉《街頭宣伝・演説会》《阪神・淡路大震災22周年メモリアル》観感楽学 新しい日本を兵庫から
安倍・自民党政権打倒のたたかいの先頭にたつ日本共産党の衆院小選挙区予定候補(左から、堀内照文〈8区・比例重複〉、こんどう秀子〈1区〉、平松順子〈2区〉、ふじたに香恵子〈3区〉、おおすぎ鉄夫〈4区〉、吉岡けんじ〈6区〉、新町みちよ〈9区〉、金田峰生〈10区〉、堀ゆずる〈12区〉)と庄本えつこ県議=2016年12月24日=
「戦争サポート」兵庫から平和の兵庫へ梶本修史(兵庫県原水協事務局長)
陸・空・海すべてで「戦争する日本」への道支える 兵庫県は、陸・空・海すべてで「戦争する日本」への道を支える役割を果たしています。


【陸】
東海から中・四国までの二府十九県、全国面積の三〇%・人口の三七%を占める地域をカバーする陸上自衛隊中部方面隊の司令部(総監部)が伊丹市に存在します。ミサイル部隊が小野市・加西市の青野ヶ原に、百五十五㍉榴弾砲を撃つ部隊が姫路市に、歩兵と情報隊の部隊(普通科連隊)が伊丹市にあります。
【空】
但馬地方に「ブラウンルート」と名づけられた米軍戦闘機の低空攻撃訓練空域があります。低空飛行訓練が始まった一九九四年から十年間で三百回以上も目撃され、県営生野ダムを攻撃目標にした訓練で、堰堤の十㍍ほど上を通過するのを職員が目撃しています。この「ブラウンルート」が、豊岡病院を基点にした年間千二百回以上も出動するドクターヘリの航行範囲とピッタリと重なっており、危険度を考えると身震いが起きます。
さらに見過ごせないのは、大阪空港(伊丹空港)に米軍機が離着陸を続けていることです。周辺十一市による騒音対策協議会、伊丹市、宝塚市、川西市などが「誠に憤慨に堪えない」と「強く抗議」を表明しています。米軍機の離着陸回数は、二〇〇〇年の三十六回はじめ〇五年三十七回、〇七年三十一回などと頻繁な状況ですが、担当の「県土整備部」で、離着陸数は国土交通省大阪空港事務所に聞き合わせるだけで直接掌握はしておらず、「離着陸の目的」については「安保条約地位協定に基づくものであり、理由・目的については申し上げる立場にない」との国の態度を受け入れています。兵庫県議会が、「大阪国際空港…