記事を検索

2017年12月3日日曜日

入居者激励のつどい12月12日に:借り上げ住宅協議会

挨拶する安田代表

ひょうご震災復興借り上げ住宅協議会は十七日、神戸市内で第六十五回の会合を開き、大阪高裁に公正判決を求める署名の推進や「入居者激励のつどい」開催などのとりくみを相談しました。
神戸市が借り上げ復興住宅に住む七十九歳のNさんの退去を求めて提訴した裁判は現在、大阪高裁にかかっています。
同会代表の安田秋成さんは「私たち入居者は高齢者が多いですが、互いにいたわりあい、結束した力を示していきましょう」と訴えました。
段野太一さんは、神戸市があらたに東灘区の二世帯を提訴したことも報告。希望者全員の継続入居をかちとるため、大阪高裁にむけた署名推進、十一月二十八日と二十九日の裁判傍聴、十二月議会にむけた請願・陳情、十二月十二日に開く「入居者激励のつどい」成功などのとりくみを呼びかけました。
会合には日本共産党神戸市議団の松本のり子市議が参加。神戸市によるあらたな提訴を厳しく批判し、東灘区でも入居者を激励する集会を開くことなども紹介しました。

借り上げ住宅「裁判闘争」勝利と入居者激励のつどい

12月12日(火)14時/神戸市勤労会館2階多目的室/主催:ひょうご震災復興借り上げ住宅協議会☎&Fax078‐371‐5789


(兵庫民報2017年12月3日付)

日付順目次