記事を検索

2017年8月13日日曜日

第13回ピースフェスタ明石

沖縄と福島の現実、写真150枚で


「平和・いのち・子ども」をメインテーマにした「第十三回ピースフェスタ明石」が明石市立勤労福祉会館で八月二日から六日まで開催されました。
基地問題でゆれる沖縄と放射能汚染に苦しめられている福島の現実を撮影した写真約百五十枚が展示されました。
また、憲法・福島・沖縄関連の資料、広島・長崎への原爆投下、戦時下の物品、明石空襲、城西高校新聞部の資料なども展示されました。

伊藤千尋氏が講演「15%以上の人が行動を起こせば…」

六日は、元朝日新聞記者で国際ジャーナリストの伊藤千尋さんが「3・11を踏まえて。そして沖縄の今は…」と題して講演。「一五%以上の人が行動を起こせば、社会を変えることができる。現実を問題視するだけでなく、明るい未来を提示していこう」と明快に呼びかけました。

(兵庫民報2017年8月13日付)

日付順目次