スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月 4, 2016の投稿を表示しています

兵庫民報2016-12-04

/来夏の県知事選に津川知久氏を擁立:兵庫・憲法県政の会/日本共産党県委員会が中央省庁へ要請/尼崎市議団も独自に政府交渉/給付制奨学金創設と学費負担軽減を求め日本共産党が大学門前で署名宣伝/ひなたぽっころりん〈587〉/県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合計画/仲里衆院議員(元自民沖縄県議)が講演/俳句:新俳句人連盟兵庫支部/神戸映画サークル協議会12月例会『ロイヤル・コンセルトヘボウオーケストラがやって来る』/12・9働き過ぎ・不払い残業なくせ!:全国いっせい労働相談ホットライン/観感楽学 
来夏の県知事選に津川知久氏を擁立:兵庫・憲法県政の会 平和・生活・脱原発、みんなにやさしい県政に
来年夏の兵庫県知事選挙で「憲法が輝く兵庫県政をつくる会」(兵庫・憲法県政の会)は十一月二十四日、神戸市内で記者会見をおこない、同会代表幹事で前兵庫労連議長の津川知久氏(66)を擁立すると発表しました。
同会は、二〇〇九年、二〇一三年の知事選に同会代表幹事の田中耕太郎氏を擁立して四十九万票余、六十二万票余を得票しています。津川氏は無所属で立候補し、同会に加入する労働組合や民主団体、日本共産党の推薦なども得て、勝利をめざします。


津川氏は、「平和にこだわり、生活を支え、原発をなくす。これらが兵庫県政の三大特徴となるようがんばりたい」と決意を表明。伊丹・姫路に自衛隊駐屯地があり、県民を「殺し、殺される」当事者にさせないために戦争法廃止を国にもとめる、県内の多くの市町で実現した中学卒業までの医療費無料化にみられる住民の願いと運動、市町の努力をバネに、福祉や教育を最優先にする県政にかえる、原発再稼働を認める県政から再生可能エネルギーに抜本的に転換することを強調しました。
津川氏は、「子どもたちがご飯を食べられない、若者に仕事がない。こうした県民生活の実態を少しでも改善するために県予算を使うべきです」と指摘。「前々回、前回と、人にやさしい県政にという訴えに県民の期待が広がりました。それを引き継ぎ、安保法制で立ち上がった市民の人たちをはじめ、幅広く貪欲に話し合っていきたい。」と語りました。


代表幹事の石川康宏神戸女学院大学教授が六つの柱からなる政策骨子「みんなにやさしい兵庫をつくろう」―①平和を大切に、非核「神戸方式」をひろげる②働く人のくらしを豊かに、最低賃金を千円にして千五百円…