スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月 28, 2015の投稿を表示しています

憲法違反の「安保法制」許すな:「兵庫大集会」に9,000人

兵庫県弁護士会主催の「集団的自衛権行使容認&特定秘密保護法に反対兵庫大集会・パレード」が6月21日、神戸・三宮で行われ、9,000人が参加(主催者発表)、「安全保障法制」=戦争法案廃案へ声をあげました。

東遊園地でひらかれた「大集会」では、開会挨拶で幸寺覚県弁護士会会長が、安全保障法制に対し、立憲主義、平和的生存権など日本国憲法のあらゆる根本原理に反しているとして日弁連のほか兵庫県はじめ39弁護士会が反対していることを紹介、「廃案に向け一致団結して頑張ろう」と呼びかけました。


続いて伊藤塾塾長で日弁連憲法問題対策本部副本部長の伊藤真弁護士が、戦争法案の問題点を15分で簡明に解説。「憲法の番人は国民。いまこそその力を出す時。絶対にあきらめず、反対の声を上げ続けよう」と訴えました。

県弁護士会会員によるリレートークでは、後藤玲子弁護士が、この間、自ら訪問してきた辺野古の状況を報告。住民の反対運動に対する威嚇、実力行使の実態を告発し、安倍政権が「法の支配」とは真逆のことを行っており、新基地建設強行は集団的自衛権行使容認と根が同じだと批判。オール沖縄のように、オール兵庫でくい止めようと呼びかけました。

津久井進弁護士は、安倍政権が明文改憲も着々と狙っていると警告。その中で災害時対応を口実に戒厳令の実行を狙っていると述べ、阪神・淡路大震災など被災地住民の責任として、その企みを止めようと訴えました。

若手の大多和優子弁護士は、立憲主義、民主主義、平和主義の憲法原則に反する法律を許せば、何気ない日常も奪われる―そうさせないために、主権者である国民が憲法12条に書かれている「不断の努力」を続けていこうと呼びかけました。


パレードは三つのコースに分かれ、フラワーロードから三宮センター街にかけ、「イケン」(違憲)と書いたプラカードを掲げ、コールを響かせ、市民に訴えました。

(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

SEALDs kansai:戦争立法に反対する2,200人の学生デモ

毎週金曜、SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)が国会前で戦争法案反対の抗議行動。それに呼応し、全国各地で青年・学生が戦争法案に反対する行動に立ち上がっています。

関西の大学に通う学生が中心になって結成したSEALDs KANSAIは21日、京都で「戦争立法に反対する学生デモ」を行い、参加者はどんどん広がって2,200人もの人が参加しました。デモでは「戦争立法絶対反対」「集団的自衛権はいらない」「言うこと聞かせる番だ、俺たちが」などのコールや、参加した学生が自分の言葉で戦争法案に反対するスピーチをしました。

兵庫県の大学に通うAさんは「私は当たり前のようで当たり前でない今の生活を気に入っているし、幸せを感じています。この生活の中に大切な人が誰かを傷つけたり傷つけられたりすることが入り込んでくることを許しません。大きな権力に抗うことには勇気がいる。この国のことを誰かに任せてしまう衝動に駆られます。でも、日本の主権者は、政治家でもどこかの偉い人でもありません。私であり、あなたです」と戦争法案反対の思いを語りました。

学生が自分たちで考えて行動する姿を見て、飛び入りでデモに参加する人や一緒にコールする人、写真を撮る人など、多くの観光客や市民から共感が広がりました。

(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

日本共産党が集中行動:戦争法案反対署名に次々

兵庫県委員会がとりくんだ「戦争法案」廃案をめざす集中行動(17日~20日)には、全県の190カ所で717人が行動し、891人から署名が集まっています(23日正午現在)。


20日、三宮駅マルイ前で行ったロングラン宣伝には、きだ結県議、今井まさこ神戸市議、大前まさひろ神戸市議、林まさひと神戸市議が翌日の兵庫大集会&パレード(兵庫県弁護士会主催)の参加などを呼びかけました。チラシを配りながら署名を呼びかけると、学生や高校生も協力してくれ、この日だけで61筆が集まりました。

ある年配の女性は、「私は、戦災孤児。東京大空襲で両親と兄弟をなくし、おばの家に預けられて育った。戦争は人生をむちゃくちゃにする。この問題は興味あるからぜひ署名させて」と協力してくれました。

また対話になった看護学生らは、「よくわからないけれど、戦争に参加させられるような法案で怖いなあと思ってました」と署名に協力。

若い女性会社員は、「何かしたいと思っていたけど、なかなか機会がなくて」といって署名。「反対している人のほうが多いのに、安倍さんは無理に押し通そうとしているのは、おかしいと思う。こんな法律が通ったら怖いなあと思う」と話しました。翌日の集会を呼びかけると「集会があることは、知っていました。どうしようかと迷っていましたけど、せっかくチラシもらったし行ってみます」と話していました。


20日、加古川駅前では、憲法改悪ストップ加印共同センターの呼びかけで戦争法案廃案をもとめる宣伝をおこない44人が参加しました。

リレートークでは、加古川日中友好協会加古川支部の高原脩事務局長、戦争をさせない加古川1,000人委員会の松本憲三代表世話人、日本共産党の高木えり加古川市議らが次々訴え、戦争法案廃案への思いをのべました。この取り組みで90人から署名が集まりました。

(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

須磨区共同センターと9条の会連絡会:110人パレード

平和憲法を守る須磨区共同センター、9条の会須磨区連絡会による「戦争法STOP!」の宣伝行動とパレードが6月19日に行われました。

悪天候にもめげず110人が参加。各自手製のプラカード、ゼッケン、むしろ旗を掲げたり、はっぴを羽織ったり、太鼓、鈴、カスタネットを鳴らしたり、元気よく、板宿ダイエー前から商店街を通り、大田町交差点から須磨区役所横の平田公園まで賑やかにパレードしました。

年金者組合、新婦人、民商、原水協、救援会、9条の会の幅広い呼びかけで、須磨区で初めてのパレード・宣伝になりました。

「戦争法はいらない!」「子どもたちに平和な社会を残そう!」などの掛け声が須磨の街に響きました。道々ではビラを受け取ってくれる方、車から声援を送ってくれる方、マンションの窓からの手をふってくれる方――など元気をもらいながら歩くことができました。

初めて参加された男性も「こういうパレードは良かった。多くの人に知らせることができたと思う」と感想を語ってくれました。

参加者らは「戦争法廃案まで宣伝行動などがんばりましょう」と決意を固めあいました。

(三好正子=9条の会須磨区連絡会)
(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

市町議会で戦争法案に「反対」「慎重審議」意見書

戦争法案にたいし兵庫県内でも、地方議会で「反対」「慎重審議」の意見書が可決されたり、首長から「どう考えても合憲とは言えない」などの声があがっています。

新温泉町議会は6月16日、廃案を求める意見書を賛成多数で可決しました。意見書は、法案が憲法9条1項に逸脱していると指摘し、廃案を強く求めています。

加西市議会は22日、慎重審議を求める意見書を賛成多数で可決しました。意見書は「政府の判断によって、地球上のどこであれ後方支援に当たり、武力行使に道を開くことになるものであり、戦後の歴代自民党内閣が憲法上できないとしてきたことを大きく踏み越えようとしている」と指摘しています。

「合憲と言えない」と明言の首長も
篠山市では、酒井隆明市長が市のホームページ(「市長日記」)で「集団的自衛権をめぐる法案について、自民党推薦の憲法学者が『違憲』とされたことから、議論が続けられています。憲法9条を純粋に素直に見た時、どう考えても『合憲』とは言えないと考えます…これを合憲と言う人は、憲法の勉強をしたことがない人か、あるいは憲法学者より自分が偉いと思っている人、あげくは憲法より自分が偉いと思っている人ではないかと思います。特に政府与党を代表する人には、その偉い人がおられるのではないかと心配です」とのべています。

(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

丹波で平和テーマに10回目:愛と平和のコンサート

「愛と平和のコンサート」が6月20日、丹波市氷上町ゆめタウンポップアップホールで開催されました。第10回の記念コンサートにと実行委員会(山本俊平委員長)もがんばり、約350人の参加でした。

平和や憲法9条をテーマに毎年開催され、今では丹波市で大きな市民権を得ています。アマチュアのクラブ演奏、絵本の読み聞かせ、フラダンス、コーラスグループの合唱、そしてプロの歌と多彩な内容でした。年金者組合の歌声には小学生から90歳まで参加しての合唱でした。曲名は「青い空は」と「大きなうた」でした。

また、深尾須磨子歌う会「コスモス」の合唱は原爆でなくなった子どもの歌「まちんと」を、全員がもんぺ、数人は防空ずきんをかぶっての熱唱でした。最後の、丹波市出身のプロ歌手大槻朱里さんの独唱は圧巻でした。

閉会の挨拶では、「ねがい」のハミングの中で、実行委員から「戦争法案を何としても廃案に」と訴えがありました。

(西脇秀隆=丹波市議)
(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

革新芦屋の会総会で「琉球新報」記者が記念講演

平和・民主・革新の日本をめざす芦屋の会(革新芦屋の会)が6月21日、第4回総会を開催し44人が参加。『琉球新報』記者の米倉外昭さんが、辺野古新基地建設反対のたたかいと展望をテーマに講演しました。

戦争法案阻止の共同行動はじめとした総会報告・提案をめぐっては、「安倍首相にどうしたら打撃を与えられるか。日本中での意思表示を」など、強い意思が表明されました。

記念講演で米倉さんは、沖縄戦と戦争立法を重ねての紙面づくりや辺野古新基地阻止のたたかいの現状や課題を語り、〝本土の多数世論は安保支持。沖縄の現状を変えるには、本土世論が変わるまで待たねばならないのか?と、「沖縄独立論」が重要論点に浮上している〟と問題提起しました。

これを受けて参加者からも「沖縄独立論への共感は?」「翁長知事訪米の意義は?」「本土での辺野古基地反対のたたかいこそもっと必要なのでは?」「本土メディアはもっと沖縄の情勢について報じるべきだ」などの質問、発言もあり、熱心に意見交換しました。

(副島圀義=革新芦屋の会事務局)
(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

元内閣官房副長官補と元自衛官が対談:非核の政府を求める兵庫の会市民学習会

非核の政府を求める兵庫の会は6月19日、神戸市内で市民学習会を開催しました。「亡国の安保政策 安倍政権と『積極的平和主義』の罠」と題し、講師に柳澤協二元内閣官房副長官補、対談者として元自衛官の泥憲和氏を迎え、130人が参加しました。

イラク戦争のときに自衛隊を送った側の柳澤氏は、「あのときも、もしイラクで自衛隊員が殺されるというようなことがあったら、撤退するのか兵を増強するのか、真剣に考えさせられた。今回の法案は、そんなものではない。自衛隊幹部が自らの判断で武器を使用できるという条項もある。必ず犠牲者を出してしまう」と安倍内閣の「平和安全法制整備法案」などに懸念を示しました。

対談では、柳澤氏の講演をうけた泥氏が、柳澤氏に質問し、回答をもらうという形式でした。泥氏は、「軍隊が紛争中に人を助けるということが実際にできるんですか?」「かけつけ警護の例って実際にあるんですか?」など質問。柳澤氏は、「おっしゃるように、実際の戦場で、軍人、民間人を救出した例というのは、ほとんど知らない」と回答しました。

逆に柳澤氏からは、泥氏に「自衛官は、たとえば今回のような集団的自衛権の行使という上官の命令を、どういう思いで聞いているんでしょう」と質問。泥氏は、「自衛隊員である以上、日本を守りたいという思いですから、命令には積極的にこたえるでしょう。そういう教育も受けていますから。私も自衛隊員のときには、そのとき最前線といわれた北海道にすすんでいきました。命がけでがんばると思います。そんな自衛隊員にたいして、集団的自衛権みたいなでたらめな命令を上司に出させたくない。今回の法案は、やめてほしい」と語りました。



(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

労働者派遣法改悪案、強行採決に先立ち堀内衆院議員が廃案迫る

6月19日、労働者派遣法改悪案が厚生労働委員会および本会議で採決が強行され、衆議院を通過しました。採決に先だち、堀内照文衆院議員は、厚生労働委員会で質問にたち、安倍首相に派遣法改悪案の廃案を迫りました。

堀内氏は、「現行法では業務単位の期間制限があり、そこでその後雇用される労働者は必ず直接雇用でなければならない」と指摘。ところが改悪案では業務単位の期間制限がなくなるため、「期間制限が過ぎれば必ず直接雇用されなければならない仕組みがなくなる」と強調し、「正社員化どころか生涯派遣に道を開くものだ。そうでないなら根拠を示せ」と迫りました。

安倍首相は、正社員募集の情報提供など実効性のない「雇用安定措置」を挙げるだけで、「雇用の安定は現行より強化される」と強弁。堀内氏が「必ず直接雇用されるといえるのか」と迫ると、塩崎恭久厚労相は「最終的には雇用主が判断することだ」とのべ、正社員化の保証がないことを認めました。

堀内氏は、半導体大手ルネサスエレクトロニクスで早期退職に追い込まれた課長級社員が派遣社員として戻ってきている実態を示し、「すでに正社員から派遣への置き換えが進んでいる」と強調。「正社員化の道どころか派遣労働者が増えることは明らかだ。法案に『雇用慣行が損なわれる場合』の再検討規定を盛り込んだのも、それを懸念しているからだ。労働者保護とかけ離れた法案は廃案しかない。ましてや職権につぐ職権という不正常な委員会運営がつづくなかでの採決を強行するなどというのはもってのほかだときびしく糾弾する」と批判しました。

(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

西播労連が緊急行動:派遣法改悪強行反対・国会会期延長反対

衆議院で派遣法改悪法案の採決がされた6月19日、西播労連の呼びかけで緊急の労働者派遣法改悪強行反対・国会会期延長反対を訴える緊急宣伝行動が行われました。

この日の宣伝には急な呼びかけにもかかわらず18人が駆けつけ仕事帰り、学校帰りに人に訴えました。

通りがかりの人の関心も高く、ビラを読んで質問をする人、声をかける人も多く、用意した300枚のビラも予定時間までになくなり最後はハンドマイクのみの訴えとなりました。

日本共産党姫路市議団からは苦瓜かずしげ議員が駆けつけました。

(出田馨=西播労連事務局長)
(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

兵庫山河の会「山河」55号より

わが裡に棲める小鳥よ羽搏きて伝えてゆけよ反戦の声
安武ひろ子

自衛隊盾から矛へ質転化ガイドラインと戦争立法
古賀哲夫

安倍総理「村山談話」引き継ぐと言いて書かぬは不誠実なり
鵜尾和代

こんなにもアメリカさまにゴマをするアベさんどこの州知事なんや
西澤 愼

私利私欲無き党伸びよ祈りつつこの一票の念いとどけと
本田千恵子

草の根の市民運動実をむすび五月の陣に凱歌があがる(大阪住民投票)
山下 勇

情報という名を冠してコマーシャル画面いっぱいの安倍総理の顔
古賀悦子

嬉しいね赤子誕生おめでとうちっちゃな拳に幸せにぎり
高木庸子

我が身さえ生きるに難き野良猫が子ども三匹抱きていたり
塩谷凉子

熟実にてあまりに紅きさくらんぼパリ・コミューンを吾は思えり
山下洋美


(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

「安全保障法制」の正体

段 重喜
(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

観感楽学

NPT(核不拡散条約)再検討会議は最終合意を得ることなく閉会した。会議では核兵器禁止条約を核保有国に迫る発言が圧倒した。核兵器の非人道性を告発し核兵器廃絶を求める共同声明も160カ国に達した▼議長提案の「合意」案には核兵器禁止条約が明記されていた。ウクライナ問題で核兵器の戦闘準備や新型核兵器40基の追加配備を公表したロシア。黒海で対抗の軍事演習を行った米国。全会一致制の再検討会議は、核兵器に固執する一部の国の反対で合意にいたらなかった。日本政府もNPT会議の合意案に賛成しなかった▼633万余の署名を受理した国連のパン・ギムン事務総長は「私は全締約国に市民社会グループとの関わりを深めるよう促したい。……(署名は)我々が服務する人々の希望と期待とを想起させるものだ。我々は、長期に軍縮を擁護し、かくも多くのことを行ってきた多くの人々と団体の原則的な努力に全面的な支持を誓いたい」と述べた▼世界の多数の国が核兵器禁止を求めている時に、被爆国の政府が「核の傘」に固執し戦争する国に向かうのを阻止しなければならない。(K)

(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

国民平和大行進:兵庫県内の行程

(順路・時間など変更もあり得ます)
太平洋コース [7月7日・火] 池田市・川西市境(呉服橋)…川西市役所(12:00着 13:00発)→能勢口中央商店街→小花交差点右折→栄町→花屋敷→寺畑→阪急雲雀丘駅北→あいあいパーク前公園(14:30着 15:00発)→〈176号線〉→歌劇場交差点→手塚記念館前右折→宝塚大橋→阪急南口駅南左折→中洲→阪急逆瀬川駅前→宝塚市役所(17:00)
[7月8日・水] 宝塚市役所(9:00集合 9:30発)→宝塚新大橋→安倉西2丁目→安倉南1丁目→向林線→伊丹スポーツセンター(10:45着 11:00発)→市バス瑞が丘公園前右折→陸上自衛隊西側→伊丹市役所(12:00着 13:00発)→伊丹署前左折→大鹿会館右折→伊丹小学校東→阪急伊丹駅東左折→伊丹郵便局前→伊丹3丁目右折→伊丹南口踏切右折→塚口長溝公園(14:30着 15:00発)→尼崎北消防署南角右折→園田学園幼稚園東左折→県立塚口病院前バス停右折→尾浜→三反田立花家具店左折→尼崎市役所(16:30)→北難波小東・南進→三和本通り→阪神尼崎駅北(18:00)
[7月9日・木] 尼崎市役所(9:00集合 9:30発)→竹谷小学校北右折→武庫川橋下→阪神今津駅西側北進→西宮市役所(12:30着 13:30発)→阪神西宮駅南商店街→電話局東→芦屋市役所(14:50)→〈鳴尾御影線西進〉→深江北町→森南町→赤鳥居前左折・南下→甲南本通商店街北上→〈2号線〉→東灘区役所→御影公会堂(16:40)
[7月10日・金] 御影公会堂(8:30集合 9:00発)→灘区役所東右折→JR六甲道駅東北上→灘警察署前北上→水道筋→王子公園(10:00着 10:15発)→熊内1丁目左折・南下→阪急春日野道駅東→春日野道商店街→大安亭南口→東神戸診療所南→中央区役所東側南下→小野柄通→そごう南側→〈フラワーロード南下〉→神戸市役所(11:30着 12:25発)→大丸前→鯉川筋北上→県庁前(13:20)→神戸教会前→楠町6丁目交差点右折―神戸大学病院南角→東山市場→兵庫区役所(14:20)→湊川中学校南・西進→長田神社バス道南進→長田区役所(15:10)→川西通→左折→本町筋商店街南下→神戸協同病院→六間道商店街→大正筋商店街→若松公園→JR新長田駅西・北上→県道21号線左折→太田町交差点右折・北上→大黒町3丁…