スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月 22, 2013の投稿を表示しています

お知らせ:9月29日付は発行しません

次週9月29日は第5日曜のため「兵庫民報」の発行はありません

(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

佐用町長選に山田兼三氏

希望あふれる元気な町へ
十月二十七日投開票の佐用町長選挙に、合併前の旧南光町長をつとめた山田兼三氏(65)が「明るい佐用町をつくる会」(児玉雅善会長)推薦・無所属で立候補します。町長選挙は現職の庵逧典章町長と一騎打ちとなる見込みです。

旧四町による合併から八年、佐用町では過疎がすすみ、佐用自動車学校や銀ビルスーパーなど、企業撤退が続いています。町は突然、小中学校と保育園の統廃合計画を打ち出し、地域の中にさまざまな意見や思いの渦を生み出しています。

町民の「いまのままでは佐用町はさびれてしまう」という不安の声にこたえる町政運営をどう行うのかが、今度の町長選挙の最大の争点です。

*

山田さんは、過疎と向き合い、元気な佐用町をめざして、思い切った若者定住対策、子育て世代の支援を行うことを表明。近隣の相生市でもとりくんでいる学校給食費無料化や定住促進手当の創設を訴えています。

また、高齢化が進む佐用町こそ、お年寄りが安心して暮らせる「福祉と健康の町づくりを」と、高齢者への給食配食サービスの回数増の実施、山間集落への移動販売車の充実などを訴えています。こうした福祉の町づくりとあわせた若者雇用の拡大をめざすとしています。

*

現職町長は、水害復旧・復興事業の進展と、近隣市の三倍から七倍にもため込んだ基金残高の多さを実績として宣伝しています。

二十人もの犠牲者を出した四年前の佐用水害で、現職町長による避難勧告が遅れたことに対して、今年四月に姫路地方裁判所は「佐用川の水位が防災計画の避難判断水位を超えた午後八時ごろに避難勧告を発令しておれば、死亡を回避できた可能性は否定できない」と指摘、現職町長に対し「当初は豪雨への警戒心が欠けていたところがあり、非難は免れない」と言及しました。住民の命と安全を守る自治体の長としての資格・資質が問われています。

山田さんは、「二度とあのような犠牲を出してはならない。行政の責任が問われている」と、住民の命を守る万全の対応を強調するとともに、「基金を貯め込むのではなく町民のために予算を使い、希望あふれる元気な佐用町をめざし、町民、職員と力をあわせてとりくんでいく」と決意を述べています。


(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

ブラック企業お仕置き・最賃1000円キャンペーン始まる

青年や業者が宣伝大展開日本共産党兵庫県委員会と民青同盟兵庫県委員会が十月二十日までの「ブラック企業お仕置き・最賃千円キャンペーン」のスタート宣伝を九月十四日、神戸・元町大丸前で行いました。来月十月二十日に行われる「全国青年大集会2013」に向け、一千人の青年から実態をききとろうというとりくみで、日本共産党のきだ結県議、森本真・西ただす両神戸市議、堀内照文県副委員長、神戸市長選挙に立候補予定のぬきなゆうなさんと青年―総勢十五人の宣伝となりました。

議員や青年がマイクでそれぞれ訴えながら、シールアンケートや実態アンケートをよびかけ、全国青年大集会のチラシを配布していくと、買い物帰りの青年らが足をとめ、こたえてくれました。

実態アンケートにこたえてくれた営業職で働いているという三十歳の女性は、「朝八時半~夜七時半の十一時間労働。三年以内に辞める人が多くて、同期で八人辞めている。残業代は出ない。サービス残業をなくしてほしい。産休、育休をとりやすくしてほしい」と話します。また娘がワタミで働いているというお母さんからは、「朝七時に出ていって、夜帰ってくるのが十時。店長をやっている。たいへん。なんとかしてほしい」と切実な訴えも寄せられました。

*

ぬきなゆうなさんは、「若者を使い捨てにするようなブラック企業を横行させる社会ではだめ。神戸市も公契約条例をつくって、神戸市役所も正社員があたりまえで、安心して働ける行政につくりかえ、神戸市からブラック企業を根絶させたい」と訴えました。


(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

消費税増税ストップ!: 民商がキャラバン宣伝

兵商連と各地の民商が「消費税増税中止!」を訴え九月十四~十六の三日間、西播、神戸、阪神でキャラバン宣伝にとりくみました。九月二十七日の国民大集会へ向け全商連が呼びかけた宣伝旬間の一環です。


十五日は、スーパーの朝市でにぎわう神戸電鉄西鈴蘭台駅前に続いて、新長田と垂水で宣伝。「もう決まったとあきらめないでください。参院選後の世論は増税中止が国民八割の声です」と励まし、署名を訴えました。



(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

神戸市議会代表質疑

神戸市議会本会議が九月十日に開かれ、日本共産党議員団から松本のり子、大かわら鈴子両議員が代表質疑に立ち、矢田立郎市長らの政治姿勢をただしました。

松本議員は、中小企業支援、雇用対策、原発問題を取り上げました。

まず、矢田市長は十二年前、「変えます―開発から環境・福祉へ」を公約に市政を担当したものの、その公約は守られることはなかったと、具体例をあげて指摘。

神戸経済活性化に必要なことは中小企業を支援する施策をつくることであり、市の一兆八千億円の予算が一円でも多く地元の企業に回るような施策を実施する必要があると主張。経済波及効果の高い小水力、太陽光、バイオ発電の普及や住宅リフォーム助成制度の創設など、人、物、お金が地域を循環する仕事づくりを強めるよう求めました。

雇用問題では、この数年来のバンドー化学、富士通テンの工場移転、三菱重工の商船部門撤退に続き、今、神戸製鋼所が神戸製鉄所の高炉廃止を計画していることをあげ、このような大企業は地域に密着する中小業者といっしょに栄えてきた企業であり、神戸市もインフラ整備に多額の予算をつぎこんでいるにもかかわらず、身勝手な撤退に対し、神戸市は地域を守る手だてを尽くしていないと批判しました。

元副市長の久元氏が総務省時代につくったと宣伝している指定管理者制度の導入で、公の業務に民間業者が一気に入り込み、そこで働いている人たちは非正規・低賃金・劣悪な労働条件が大半となっていると告発しました。



大かわら議員は、中学三年生までの医療費無料化、中学校給食、借上げ災害公営住宅問題を取り上げました。

借上げ住宅については、「今するべきことは、悲痛な高齢者の声を聞きき、その実態をつかむこと。希望者全員の継続入居を認めるべき」だと迫りました。

(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

あったか神戸垂水区の会と須磨区の会結成

垂水区の会

神戸市長選挙にむけて九月十四日、垂水区では「市民にあたたかい神戸市政をつくる垂水区の会」の結成総会が開かれ、各団体や地域から七十三人が参加しました。

総会には、市長候補のぬきなゆうなさんが挨拶しました。ぬきなゆうなさんは、阪神・淡路大震災以来、市民の願いに背を向けてきた冷たい神戸市政の問題点を指摘し、敬老パス、福祉パスの無料化、こどもの医療費は中学校まで無料に、県立こども病院のポーアイ移転阻止など、あふれる市民の切実な願いを実現するためにがんばる」と決意を表明しました。

会の呼びかけ人を代表して赤田かつのり市議が、神戸市をめぐる情勢報告と会の活動方針を提案。会則、役員、得票目標三万七千票が拍手で確認されました。

各分野から六人(ストップ神戸空港・垂水の会、年金者組合垂水支部、神戸の中学校給食を実現する垂水の会、新日本婦人の会垂水支部、垂水民主商工会、日本共産党神戸西地区委員会)が発言しました。

また、ぬきなさんが垂水区在住のおり、ぬきなさんの子どもさんを預かったことがある森原健一元市議(現兵庫県日本共産党後援会会長)から、ぬきなさんの活動歴や人柄が紹介され、会場はあたたかい雰囲気とともに市長選挙勝利への熱気につつまれ、募金も三万九千六百十六円寄せられました。

須磨区の会

「市民にあたたかい須磨区の会」は十五日に結成総会を開催。百人が参加して、ぬきなゆうな市長誕生をめざし、明るく元気に決意を固めあいました。

(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

神戸市長選公開討論会傍聴記

神戸市長選(十月十三日告示、二十七日投票)の立候補予定者による公開討論会(神戸青年会議所など主催)が十五日に開かれ、討論を聞いてきました。参加したのは、「市民にあたたかい神戸をつくる会」の、ぬきなゆうなさんと、元副市長(元中央官僚)、前回も立候補した会社役員、神戸市議(元自民党)の四人です。

討論会終了後、ぬきなさんの発言に、「すごっく、よかった。感動してずっと、涙を流していた」「話が具体的だったのは、ぬきなさんだけ」「圧勝。説得力のある発言でした。他の候補者は、共通して市民がまったくでてこない。きわだった討論会だった」といくつものメールが寄せられました。寄せられたメールのとおり、市民によりそう、ぬきなさんの訴えが、際立った討論会でした。

ぬきなさんは、選挙の争点について「震災以来の市民不在の市政を市民の手にとりもどし、開発優先から市民の福祉を大切にし、子育て安心の神戸、地元中小企業や商店を支える市政に転換したい」と訴えました。

自校調理方式による安全で豊かな中学校給食、中学卒業までの医療費無料化、公立も含めた認可保育所の増設、借り上げ住宅の希望者全員継続入居、敬老パス・福祉パスの改悪をもとにもどすことなどを強調。「ブラック企業のない、安心して働けるまち」、「中小企業振興条例を制定し、中小業者、商店、農業、漁業、観光振興を」と訴えました。

三宮巨大開発について「三宮への一極集中ではなく、各区がバランスのとれた、まちの再生を」「三宮に進出する大企業に、何億円もの補助金をだすより、いま困っている新長田の、震災前から営業をつづけている方にこそ、必要な援助をすべき」と力説します。

ぬきなさん以外の三氏の議論は、「都市間競争」を基底にした三宮巨大開発や地下鉄の民間売却など、神戸市民のくらしの視点が欠落しているのが印象的でした。

元副市長は、追い出しを基本とする借り上げ住宅の市のやり方を「最善」であるかのよう冷たく言い放ったこと、前回市長選でも市職員の大幅削減と給与大幅引き下げを主張した会社役員が、今回も市職員と市民の分断・対立をあおる訴えを繰りかえしていたことも印象的でした。
(Y・M)
(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

『神戸市政を考える―住民本位の市政に向けて』

神戸市政を各分野から解明:市政変える一助に
兵庫県自治体問題研究所・神戸市政研究会が二〇一三年版『神戸市政を考える―住民本位の市政に向けて』を発行しました。

神戸市政研究会は二年にわたり神戸市政を「市民の立場に立った市民目線での研究」を重視し、研究会外の執筆者にもよびかけその成果をこの冊子にまとめました。保育、教育、平和、業者、医療、社会保障、労働など神戸市政の諸問題を、それぞれの分野で市民運動にとりくむ人々や議員、研究者など総勢二十五人が執筆・執筆協力しています。

兵庫自治研はこの冊子について、十月の神戸市長選挙に向け、住民本位の市政実現へ、市政を考える材料を提供し、市民の実態と市政のどこが問題なのかを客観的に示そうとしたもの、多くの市民や市民要求にとりくんでいる人々に活用してほしいと呼びかけています。

九月十四日には同研究所の定期総会と合わせ、兵庫県私学会館で執筆者をパネラーにシンポジウムを開催しました。



二〇一三年版『神戸市政を考える―住民本位の市政に向けて』
B5判92ページ
頒価五百円
問い合せ☎078-331-8911

(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

今日からずっと原発ゼロに:青年パレード

9月15日大飯原発停止:今度こそ再稼働させない

大飯原発四号機が定期検査に入り国内で稼働する原発がなくなった九月十五日、全国各地で「原発ゼロ」「再稼働反対」の行動がとりくまれましたが、神戸ではZEROこねっとなどが「みんな知ってる?今日から原発ゼロ!パレード」を行いました。

約三十人が「みなさん知ってますか?今日から動いている原発がゼロになります。みなさんの原発ゼロを願う世論の力で実現させました。今度こそ再稼働させず、原発をゼロにさせましょう」と呼びかけながら「原発いらない」「いますぐ廃炉」などコールしながら三宮センター街をパレードしました。

パレード終了後には「ぼく双葉町出身なんです。みなさんの声が聞こえてうれしくなりました」と駆け寄ってくる大学生もいました。

パレードに参加したメンバーは「雨の中だけどやって良かった」「今度こそ原発ゼロを実現させたい」と意欲を燃やしています。

(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

ふくしま復興共同センターが署名運動よびかけ

収束宣言撤回、即時原発ゼロ、住宅・生業再建支援―国と東電は責任を
ふくしま復興共同センターが、福島原発事故収束宣言の撤回と即時原発ゼロ、被災者の住宅・生業再建支援などを求める署名にとりくんでいます。来年三月までに福島県民過半数の百万人をめざすとともに、全国にも呼びかけています。

署名は安倍晋三首相と東京電力社長あてで、要求項目は―

(1)政府が行った「事故収束宣言」をただちに撤回し、汚染水対策など原発の事故収束作業に国が責任をもつこと。
(2)県内の原発十基すべてを廃炉にすること。また全国すべての原発を再稼働せず、原発ゼロをただちに決断すること。
(3)希望者全員が入居できる復興公営住宅の建設など住まいと生業の再建を支援すること。
(4)健康診断や検査、医療費を国の制度で無料とし、放射能被害から子どもたちと県民を守ること。
(5)放射線量の徹底した計測と除染を継続し、安心して住み続けられる環境をつくること。
(6)原発事故が起きなければ発生しなかった被害、損害はすべて賠償すること。
(7)民法上の時効(三年)を援用(適用)しないための特別法をつくること。

*

東日本大震災と福島原発事故から二年以上が経過していますが、「ネズミを原因とする停電と冷却停止」「地下貯水槽からの汚染水漏れ」「見通しがたてられない汚染水対策」など、原発事故は収束しておらず、現在も危機的状況にあります。

ふくしま復興共同センターはこの署名の趣旨説明で、場当たり的な対応に終始している東京電力まかせにせず、国が責任をもち、事故収束に対応することが必要だと指摘しています。

また、いまだに十五万人をこえる福島県民が避難生活を送り、すべての県民が放射線被害や将来への不安などをかかえながら生活を続け、「住まいや生業の再建」「徹底してた除染」「完全賠償」「子ども・県民の健康管理」「福島原発の全基廃炉」などを強く求めています。

さらに、さまざまな支援や賠償が「打ち切り」の方向にすすめられていることに、多くの県民が不安と怒りを広げているおり、民法上の時効を適用させないこと(要求項目の7)も重要となっています。

同署名は、こうした状況をつくりだしたおおもとに、二〇一一年十二月に当時の野田首相が行った福島原発事故の「収束宣言」があるとし、国と東京電力は「事故収束」という認識をあらため、福島県民の切実な要求の実現に責…

2013-9-13 NO NUKES 63rd

63回目の“カンキン”(関電神戸支店前行動)は9月13日。大飯4号機が定期検査で止まり、再び全国で稼働原発ゼロとなった15日を前に行われました。

「二度と再稼働させない」「原発からの撤退の決断を」「汚染水の問題も隠さずに総力をあげて解決にあたってほしい」―願いをこめた訴えが響きました。

あったか神戸の会共同代表の、ぬきなゆうなさん作成の横断幕(写真下)も活用されています。


(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

「あさぎ」九月詠草 姫路年金者組合

雇い止め人の「鮮度」の理由にて天つばものの「カフェ・ベローチェ」
敗戦忌戦争二度とごめんですテレビに向かい球児と黙祷
藤原信子

朝まだき菜園めぐるたのしみは熟れしトマトやキュウリの収穫
夫の言う我家のトマトうまいなあ完熟トマト一味違う
江藤雅江

怪我するな怪我をさせるなセレッソの23番達也出場
精霊舟犇き合ひて弟載せメリケン波止場離れてゆきし
衣川有賀子

薄闇のゴーヤのネット登りきて殻脱ぐ蝉を息つめ見つむ
真夏日が続き待ちにし雨ふりて朝明けに聞くつくつく法師
常田洋子

年金者総会九月にすると言う合同歌集の作成はじめる
ねっとりと手は汗にぎり印刷の紙さばきえず深夜をまちぬ
田渕茂美

(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

兵庫山河の会「山河」第34号より

子どもらの平和の誓い素晴らしく過去を閉ざさず未来に羽ばたけ
鵜尾和代

アメリカの顔色ばかり伺える政府に厳しい被曝地の声
西澤 愼

悲しみなど無縁と噪ぎ帰り来れば虚しさ漂う一人居の部屋
安武ひろ子

「加齢です」あっさり終わる診察におまえもやがと医師の顔見る
塩谷凉子

とろとろと眠りを眠る夜も昼もネジまき切れし古人形よ
山下洋美

陽の匂うトマトきゅうり並びたる産地直販の朝市のにぎわい
古賀悦子

ホロコースト記念館の静寂に息潜めいるアウシュビッツ模型
大中 肇

(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

兵庫労連定期大会

安倍暴走政治ストップ!憲法を職場と暮らしに福祉・社会保障充実へ転換を神戸市長選は、ぬきなさん勝利へ全力


兵庫労連は第四十六回定期大会を九月十四日、神戸市勤労会館で開催。参院選で切り開かれた新しい情勢のもとで、安倍政権の暴走にストップをかける国民的運動の発展へ役割を果たそうと活発に議論し、「安倍暴走政治ストップ! 憲法を職場・暮らしのすみずみに活かし、『構造改革』政治から福祉・社会保障が充実した国へ転換しよう」をスローガンに掲げる二〇一三年度運動方針を採択しました。

神戸市長選挙勝利へ全力をあげるとの方針も確認され、ぬきなゆうな・あったか神戸の会共同代表が決意をこめ挨拶しました。

討論では、深刻な労働現場の実態、長期にわたるたたかいが語られました。高校学区統合による「大受験競争」を商機と見込んで教育委員会OBらが統一模試を計画しているということも報告されました。

日本共産党からは宮本たけし衆院議員、堀内照文県副委員長らが来賓として出席しました。宮本議員が代表して挨拶し、原発、TPP、シリア、消費税と緊急の問題が起こっても国会を開かず暴走を続ける安倍政権は許せない、いっしょに悪政ストップへ力を合わせようと訴えました。新社会党の粟原富夫県本部委員長も来賓挨拶で、「神戸市長選でぬきな支持を決めた。震災以後のたたかいの信頼関係があったから」と語りました。

日本航空や旧社会保険庁の解雇撤回裁判の争議団・原告も支援を訴えました。

(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

ノーモアヒバクシャ近畿訴訟傍聴記:9月12日

治療の難しさをもって「医療が不要」という非道副島圀義
九月十二日の裁判ではTさんについての医師証言と、Eさんご自身の冒頭陳述がありました。



Tさんは原爆放射線による染色体異常で、骨髄異形成症候群と診断され、原爆症認定を申請。平均余命数年、急性骨髄性白血病になる恐れもあるきびしい病気です。骨髄移植、輸血、ビタミン投与、最近認証された新薬投与などの治療方法があるが、いずれもリスク・副作用が大きく適用できない場合も多い。医師が経過観察しながら対応することがいちばん大事です。

ところが国は「積極的な医療ができないのなら『要医療性』を満たさない」というヘリクツで却下したのです。

証言にたった真鍋穣先生は「治療の必要性は明らかだが治療方法が確定しない病気は少なくない。経過観察で、総合的な判断をしながら患者に寄り添うことを“医療とは認めない”という国の態度は、根本的な誤りだ」と厳しく批判しました。



Eさんは長崎の爆心地から三・一㌔㍍の屋外で被爆。爆心地近くまで姉を探しに入り、あるいは、自宅でとれた野菜を食べ、井戸水を飲んですごしていますから、相当量の放射線を被曝しているでしょう。心筋梗塞、緑内障、白内障、腹部大動脈瘤などに苦しんできたが原爆症認定は却下されました。「直爆距離で線引き」されたのでしょうが、Eさんも弁護人も「到底納得できない」と陳述しました。この日には、国側の反論なし。

(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

ひなたぽっころりん(520)

(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)

観感楽学

今年の夏も多くの研究・運動団体の集会が各地で行われました▼全校障害者問題研究会は一九六七年八月に東京で四百三十人が参加して第一回全国大会が開かれて以来四十六年、今年も青森で第四十七回大会が開かれました▼私は若いころ養護学校に勤め、二十六歳の時に京都で開かれ三千人が集まった第五回大会に初めて参加しました。当時の蜷川知事のもと全国で初めて「一人も断ることなく全ての障害児」に教育を保障した京都府立与謝の海養護学校の実践を聞いて「障害児教育のあり方」に大きな感銘を受けたことを鮮明に覚えています▼そして一九七二年四月に阪神養護学校でも障害児の「全入」が全国で二番目に実現し、現在の兵庫県の障害児教育の基礎をつくったのです▼一方、障害児・者運動も当時から考えれば大きな前進を遂げ、町の中で車いすに乗ったり白杖を持った方などとお会いするのは当たり前になりました▼しかし今、高齢者や障害者を「要介護認定」や「障害認定区分」などで分類し、生きていくために必要な援助に制限を設け、一割の負担金を取るという問題点は解決されず、障害者権利条約に基づいた新たな運動が求められています。(N)

(2013年9月22日付「兵庫民報」掲載)