スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月 25, 2013の投稿を表示しています

三宮巨大再開発:駅の北から波止場まで

日本共産党神戸市議 森本 真
全国であいつぐ巨大な駅ビル
京都駅、名古屋駅、大阪駅など政令市の玄関口(駅)で、大規模な駅ビル建設・再整備がおこなわれました。神戸市でも三宮駅をJR西日本、阪急が新しい駅ビル建設を計画しています。

小泉構造改革が発端

二〇〇二年三月、「都市再生特別措置法」を策定し、当時の首相・小泉純一郎を本部長として、既存の用途地域等に基づく規制を全て適用除外とする都市計画に係わる特別措置、民間の都市開発事業への支援措置、金融支援などを決めました。いわゆる大資本への規制緩和、財政支援です。その結果、大阪をはじめ駅前の再開発がはじまりました(京都は一九九四年の平安遷都一二〇〇年の記念事業の一環)。

神戸でもすでに

神戸市は、二〇〇二年十月に「震災からの完全復興を果たし、魅力と競争力を備えた都市を再生する」として、「三宮駅南地域(約四十七ha)」と「神戸ポートアイランド西地域(約二百七十三ha)」を「都市再生緊急整備地域」に指定しました。

「神戸ポートアイランド西地域」は、コンテナバース(港)を廃止し、神戸学院大学などの大学群を誘致。「三宮駅南地域」は、手始めに阪神・淡路大震災で全壊した旧神戸新聞会館をミント神戸に再整備しました。ミント神戸は、一階部分がバスターミナルという公共施設ということで、容積率四〇〇%を倍の八〇〇%に緩和し、店舗・映画館などの商業、事務所、会議室などのオフィスの複合ビルで構成されています。

倍以上の97haに拡大
神戸市は、今回五月十三日に整備地域を三宮駅周辺・臨海地域に拡大。四十七haから倍以上の九十七haに拡大しました。三宮駅周辺では、三宮駅北側から元町駅の東まで。臨海部は国道二号線の南、みなとのもり公園(震災復興公園)から新港突堤までを拡大しました。



三宮駅周辺

JR西日本は、二〇一三年三月十三日、三ノ宮駅の再開発構想を盛り込んだ二〇一七年までの中期経営計画で、「三宮ターミナルビル」(十一階建て)を高層の複合総合ビルに建て替える計画を発表。事業費などは明らかにしていませんが、「災害時の避難場所になる」という公共性を訴え駅前広場などのあり方を検討しています。

阪急は、七月四日、「ホテルや商業施設、オフィスを備えた複合高層ビルを建設する」方針を明らかにし、駅東側の「神戸阪急ビル東館」を建て替え、高さ百㍍以上に高層化する予定です。

その他…

県立こども病院問題 集中署名・宣伝Day

日本共産党県委員会が毎週のとりくみへ

日本共産党兵庫県委員会は、お盆明けから九月上旬まで、毎週日曜日を「県立こども病院問題集中署名・宣伝Day」とすることを決め、一回目の八月十八日は、朝、須磨水族園前で、夕方は元町大丸前でとりくみました。

どちらも金田峰生国会議員団兵庫事務所長が署名を訴えました。

兵庫県は県民にまともな説明もせず、医師会の反対も無視して、県立こども病院をポートアイランドⅡ期埋立地へ移転させようとしています。


県民の方からは「うちの子もこども病院に通っています。現地建て替えでお願いしたいです」「財政が厳しいと言っているのだから、経費を抑えるべき。わざわざ対策工事をやらなければいけないというのは税金の無駄遣いです」「これを許せば他の病院や施設も…ということになり、県民の命を守ろうとしない行政になりかねない」などの声が寄せられました。

また、県外の方々も、「東日本のことがあるのに、わざわざ病院を海の近くに移転させるなんておかしいですね」といいつつ、署名をしてくれました。

(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)

豊岡、朝来、南あわじ3市議選

くらしの願い届ける日本共産党議席 8候補が全力
十月二十日告示、二十七日投票でおこなわれる豊岡、朝来、南あわじの三市議選の候補者略歴を紹介します。(年齢は投票日当日)

豊岡市議選

豊岡市議選は、定数二減の二十四のもと、現有四議席の確保をめざします。日本共産党推薦のおくむら忠俊氏と、日本共産党の村岡峰男氏、ふるち信幸氏(以上現職)、安治川敏明氏のあとを受けた新人の上田とも子の四氏が立候補します。

おくむら忠俊(66)=現・党推薦=出石高卒、出石町長一期、出石町議・豊岡市議通算十期、福祉法人理事長、出石高同窓会長。

村岡峰男(65)=現=豊岡農高卒、農林省神戸生糸検査所勤務、豊岡市議八期、党但馬地区委員長。

ふるち信幸(68)=現=豊岡高卒、神戸外大ロシア学科卒、城崎町議・豊岡市議通算八期、市議会文教委員長。

上田とも子(63)=新=豊岡高卒、常磐会保育学院卒、保育士四十年。党地区くらし福祉対策委員長。

朝来市議選

朝来市議選は、定数二減の十八のもと、日本共産党現職の鈴木いつろう氏、岡田和之氏が現有議席の確保をめざします。

鈴木いつろう(56)=現=八鹿高卒、立命館大学卒、和田山病院縮小反対運動に参加、和田山町議三期、朝来市議二期。


岡田かずゆき(58)=現=八鹿高卒、京都短期大学卒、和田山町議二期・朝来市議二期、駅前商店活性化対策協議会会長。

南あわじ市議選

南あわじ市議選は、定数二減の十八のもと、現職のえびす智彦氏と元職の吉田よし子氏が立候補し、一議席増をめざします。

えびす智彦(56)=現=西淡町議一期、南あわじ市議二期、三原高校生徒会長、志知高校PTA会長、あわじ島農協総代。

吉田よし子(63)=元=三原高卒、子ども会・婦人会・PTAの役員、三原町議四期、南あわじ市議二期。(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)

あったかこうべ:のぼり・ステッカー普及中

レモンイエローの風ふかそう

神戸市長選挙(十月十三日告示、二十七日投票)にむけて「市民にあたたかい神戸をつくる会」は、シンボルカラーのレモンイエローの風を吹かし、市民の声が届く市政を実現しようと、のぼり、ロゴステッカー、要求ステッカーを作成し、普及しています。

それぞれレモンイエローを基調に、ロゴステッカーは、「あったかこうべ」と会の略称を書いた大小の二種類。のぼりと要求ステッカーは、「地元を元気に 雇用を生み出す神戸に」「子ども医療費は無料化を」「高すぎる国保料・介護保険料の引き下げを」と神戸市民の切実な要求が書かれています。
*
ロゴシールは、大百五十円、小五十円。のぼりは三枚一組二千円。要求ステッカー三枚セットで三十円です。

(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)



あったかこうべの連絡先は、電話:078-341-0563

毎月17日宣伝で金田、大前氏が訴え

力あわせ命・暮らし守る政治を

日本共産党は十七日昼、神戸・JR元町東口で「震災メモリアル定例宣伝」をおこない、国会議員団兵庫事務所長の金田峰生氏、中央区市政対策委員長の大前まさひろ氏が、被災者支援と防災対策をはじめ、消費税増税ストップ、原発ゼロなどを訴えました。

金田氏は、借上げ復興公営住宅からの入居者の追い出し、津波の危険性が指摘されるポートアイランドへの県立こども病院の移転をきびしく批判。「人の命を守ろうとしない政治は、国政、県政、神戸市政であろうと、断固、変えよう」と訴えました。

大前氏は、長崎での原水爆禁止世界大会に参加し、被爆者の痛切な訴えが心にしみたことも紹介。「核兵器のない平和な世界、憲法を守り平和な日本を、ごいっしょに」と呼びかけました。

猛暑のなか、手を振って激励する人や、「暑いなかごくろうさま」「ビラちょうだい」と手をさしだす人もみられました。

(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)

憲法共同センターが拡大代表者会議

さまざまな政治課題と結びつけ憲法いかすとりくみを
憲法改悪ストップ兵庫県共同センターが「憲法運動強化、憲法共同センター拡大代表者会議」を八月十七日、神戸市勤労会館で開きました。今後の憲法をめぐるたたかいを県下各地域の団体・個人といっしょに交流・議論しようと「拡大代表者会議」として開催されたもので、六十一人が参加しました。

津川知久代表は開会挨拶で、参議院選挙の結果、改憲派議員が三分の二は超えなかったが、安倍政権は内閣法制局長官を替え、解釈改憲のレールを敷いてきている、この秋には安保法制懇談会の報告がでて、国家安全保障基本法をつくり、集団的自衛権の行使に向かおうとしていると指摘しました。


講演は、石川康宏神戸女学院大学教授による「参院選後の政治と日本社会の根本」。石川氏は、「参議院選挙の結果、民主党が大量に票を減らしたが、自公に票がもどったわけではない。政権を失った二〇〇九年以前の票を獲得できず、民主から、自民・公明への支持の逆流は起こっていない」「衆参のねじれは解いたものの、国民とのねじれは一層深刻に」なっていると指摘しました。

さらに、現行憲法どおりの日本をつくる上で障害になっているのが、①対米従属②ゆがんだ歴史認識③大企業・財界中心の政治だと強調し、安倍政権の復古主義は財界・アメリカとの矛盾も生んでいることを指摘。

秋以降の運動として、憲法改悪反対とともに、個々の政治課題を憲法と結びつけたとりくみが必要であり、そのために①学習②SNSの活用にとりくもうと、県知事選挙の総括も踏まえて訴えました。



続いて和田邦夫同センター事務局長がとりくみ課題を提案。①地域センターの確立とそのための学習②憲法署名を六十三万筆を当面の目標に、各行政区の町・目ごとに過半数の目標をもって行動③九月九日を中心とする全県一斉宣伝行動④十一月三日憲法公布記念日を中心に各地で憲法集会開催―などが提案されました。

その後、各団体や各地での憲法運動のとりくみが交流されました。


(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)

「戦争に行きたくない」―青年シールアンケート

原水爆禁止世界大会に参加したメンバーが、終戦68年にあたる8月15日に、「戦争に行けと言われたらあなたは戦争に行きますか?」という質問と、「核兵器によって平和は守られていると思いますか?」という2つの質問で、三宮デコボコ広場に集まる若者たちといっしょに平和について考えました。


「戦争に行けと言われたらあなたは戦争に行きますか?」の質問には、行く=4人、行かない=19人、わからない=7人という結果。
多くの若者が「人を殺せと言われてもできへんし」「戦争とかこわい」と“戦争には行かない”にシールを貼りました。一方、“戦争に行く”にシールを貼る若者も4人。聞いてみると「徴兵制になって強制されるんだったら行かざるをえないかも」「家族を守るためだったら仕方がないかも」と答えました。


「核兵器によって平和は守られていると思いますか?」の質問は、守られている=7人、守られていない=16人、わからない=5人という結果。
この質問でも多くの若者が核兵器によって平和は守られていないと回答。「核は平和を守るためではなくてやられたらやり返すために持っているものだから」「核兵器の存在そのものが悲惨だから」と理由を話しました。また一方で7人の若者は「守られている」と回答。全員共通して「抑止力があるから」と答えました。しかしその中にも「でも最終的には核兵器はなくさないといけないと思う。持ってる国が“いっせーの!”でなくせばいい。アメリカのオバマ大統領が在任中がチャンスだと思う」と話す若者もいました。


今回の対話でも圧倒的に多くの青年は戦争に行きたくないし、核兵器によって平和が守られているとは思っていないことがわかります。今すすめられようとしている改憲による国防軍や集団的自衛権、そして日本政府が固執する「アメリカによる核の傘」という路線が、青年の願いともいよいよ大きく矛盾しています。
(上園隆)
(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)

59th NO NUKES 2013-8-16

八月十六日は五十九回目のカンキン行動。昼間は猛暑でしたが、行動の始まる午後六時をすぎると関西電力神戸支店前は同ビルの陰となり風もあって涼しくなりました。一人、二人と参加者が増え、最後には六十人になりました。「ハイロー!」と歌う女性も登場、盛り上がりました。

神戸での行動は毎週、金曜日、午後六時から。



淡路では毎月第三金曜日、午後六時三十分から洲本市の塩屋緑地で「脱原発淡路行動」が行われています。(写真上は八月十六日の行動)

(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)

囲碁・将棋大会地区大会/兵庫県大会の開催予定

第50回赤旗名人戦の兵庫県内地区大会と県大会の日程をお知らせします。


神戸地区大会
9月15日(日)午前10時~ 受付は9時30分~
神戸市立新長田勤労市民センター
一般:1,500円
高校生以下、女性、障がい者:1,000円
兵庫県委員会☎078-577-6255

阪神地区大会
9月16日(月・祝)午前10時~ 受付は9時30分~
西宮市立若竹生活文化会館
一般(A級、B級):1,500円
障害者、中・高校生:1,000円
C級、小学生以下:500円
尼崎地区委員会☎06-6411-6633

東播地区大会
9月23日(月・祝)午前10時~ 受付は9時30分~
加古川市立勤労会館
一般:1,500円
中高生:1,000円
小学生以下:500円
東播地区委員会☎079-422-5973

西播地区大会
9月29日(日)午前10時~ 受付は9時30分~
姫路市自治福祉会館
一般:2,000円
高校生以下、障害者:1,500円
(昼食代含む)
西播地区委員会☎079-288-4110

但馬地区大会
9月22日(日)午前10時~ 受付は9時30分~
五荘地区公民館
一般:1,500円
小中高生:1,000円
(昼食代含む)
但馬地区委員会☎0796-22-6459

淡路地区大会
9月15日(日)受付は午前9時~
松帆活性化センター
大人:1,500円
子ども:1,000円
(昼食代含む)
淡路地区委員会☎0799-24-2380

兵庫県大会
10月6日(日)午前10時~ 受付は9時30分~
神戸市立新長田勤労市民センター
兵庫県委員会☎078-577-6255


(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)

「あさぎ」八月詠草:姫路年金者組合

朝まだき香呂の駅のビラ配り風運びくるパン焼く匂い
朝の五時二百枚のビラ配り終えシャワーを浴びる夫の背広し
藤原信子


かばやきの匂いたちくる厨辺に骨も煮込んだ濃あるたれの
つやめきて葉の色ふかき泰山木花つきも良し木陰も深し
江藤雅江

憲法をナチスに倣ひ変えてはと本音洩らしぬ麻生太郎は
裏山に猪群れて駆けめぐる村に戻りしフクシマの農
衣川有賀子


合歓散りて宵待ち草の咲きそめし七夕の夕次女は生れり
人気なき春日山城の跡に咲くほたるぶくろの淋しき白さ
常田洋子


長年のうぐいす嬢も乗車と下車ままならず活動停止
三日かけ六千枚の証紙貼るせめてわたしの出来る活動
田渕茂美


(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)



地域に定着:荒田平和盆おどり

核兵器・原発のない安全・平和な社会を!と「荒田平和盆おどり」が神戸市兵庫区の荒田公園で八月十九、二十日の二晩、行われました。新企画として原爆写真展も開かれました。

一九六七年から行われ、震災での中断をへて再開七年目。地域の住民や労働者、業者などでつくる実行委員会(井村弘子委員長)の主催です。地域にすっかり定着し、元荒田婦人会の有志も浴衣姿で踊りの輪を盛り上げました。

途中で原水爆禁止世界大会の参加報告をした山田シヅ子さんは、戦争、広島・長崎を二度と繰り返さないという決意の込められた憲法九条を大切にと訴えました。

(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)

「語りつごう戦争」展の会が平和のつどい

「兵庫の『語りつごう戦争』展の会」は終戦記念日の八月十五日、神戸市兵庫区の妙法華院で「平和のつどい」を開きました。

同会代表の戸崎曽太郎氏は開会挨拶で、今年春に急逝した新間智照同院前住職から引き継ぎ、これからも戦争を語りつぐとりくみを続けていくことになった経緯を説明。とくに、安倍政権のもと「侵略戦争ではなかった」「ナチスの手口に学べ」などとおおっぴらに政治家が語るようになった今、戦争責任を明らかにすることがいっそう重要だと強調しました。

つどいでは、日中友好協会大阪府連合会会長で元大阪城天守閣館長の渡辺武氏が「東アジアの平和を考える」と題して講演(写真)。

渡辺氏は、かつてなく緊張が高まっている中国、韓国、北朝鮮との関係について、ねばりづよく話し合いで解決すべきであり、かつての日本の侵略戦争の反省なしに、相手への批判ばかりでは解決しないと指摘。権力の暴走を抑える日本国憲法を変えさせてはならないと強調しました。

(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)

日本共産党が「終戦記念日」宣伝

安倍政権の憲法改悪許さず

日本共産党兵庫県委員会は終戦記念日の八月十五日、神戸元町・大丸前で山下よしき書記局長代行・参院議員とともに街頭演説を行いました。

山下氏は、日本国憲法で、国民が「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し」、その実現のために九条二項で戦力と交戦権を否認し、今日まで戦争に歯止めをかけてきたことを紹介。しかし、今、安倍・自民党政権は、九条改定を公言し、集団的自衛権を行使できるよう内閣法制局長を交代させるなど、憲法の原点を投げ捨てようとしていると厳しく批判しました。

そして「若い皆さん、あなたは海外の戦争に行きますか。女性の皆さん、恋人を夫を息子を戦場に送りますか。九条を守ろうの一点で力を合わせましょう」と呼びかけました。

堀内照文党県副委員長は、封切られたばかりの映画「少年H」にふれ、神戸でも大小百二十八回にも及ぶ空襲で市民団体の調べで分かっているだけで八千八百四十一人の死者、一万八千四百四人の重軽傷者、五十八万九千七百十五人の被災者を出など、多大な犠牲の上にうちたてられた不戦の誓いと軍隊を持たないと世界に向けて高らかにうたった平和憲法を守り、外交と国づくりにいかす決意を述べました。

この街頭演説では金田峰生党国会議員団兵庫事務所長が司会を務めました。

(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)

観感楽学

参院選挙での日本共産党の大躍進に障害者・関係者も大きな喜びに包まれている▼昨年入党した障害者は「初めて家族以外の六人に声をかけて約束してくれた」と喜び、私がメールで「支持を広げて」と依頼した聴覚障害の男性は「集会で会った人や作業所の仲間十一人に声をかけて支持を約束した」など多くの障害者が選挙に参加した▼そのため党創立九十一周年の記念講演も確信を持って聞き「第三の躍進を本格的な流れにするため」の運動のありかたを深く考えさせられた▼「障害者自立支援法反対」を中心に政治的立場の違いを超えた「一点共闘」が障害者運動でも広がったことは大きな前進だがこの運動が、憲法問題・TPP・原発問題などと同様に日本共産党への信頼と支持にどこまで結びついたかは冷静な分析が必要だ▼障害者問題を社会保障改悪反対というさらに大きな視点から今後の運動のあり方を考え、今の流れを前に進める活動に生かしていきたい▼韓国の鄭さんがお祝いメッセージで寄せられた「十年後、結成百周年を迎える年に皆様が日本政治の新たな主役として登場する感激的な瞬間を!」を現実のものとするたたかいはこれからだ。 (N)

(2013年8月25日付「兵庫民報」掲載)