スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

共謀罪法案許さず/堀内照文エッセイ(9)/がんばってます!兵庫5区:村岡峰男さん/検証兵庫県政5:憲法擁護義務果たさず、米軍にも物言わぬ知事/「軍事的安全保障研究」/兵庫県母親大会/九条の会.ひがしなだ11周年:小森陽一さんが記念講演/若者憲法集会に兵庫の民青から参加/関電神戸支社前抗議行動255回目/粟生線の会・西区が総会/知事選挙たたかう最良のメディア/日本共産党文化後援会が学習講演会/段重喜「答弁不能」/神戸映画サークル協議会6月例会:『未来を花束にして』/クリスタル短歌の会から/ 共謀罪法案許さず 強行採決に抗議:憲法共同センターなどが宣伝
「共謀罪」法案が自民・公明と維新によって衆院法務委員会で強行採決された十九日夕、憲法改悪ストップ兵庫県共同センターは神戸大丸前で強行採決に抗議し、廃案を求める宣伝を行いました。
各弁士は、「『共謀罪』は実行していなくても協議したこと・国民の心の中を取り締まる憲法違反の悪法です。絶対廃案にさせましょう」「国会の法案審議で法務大臣も答弁不能になるボロボロの状態。オリンピックのためのテロ対策という根拠も崩れている」と厳しく批判し、ビラなどを配布しました。日本共産党の今井まさこ神戸市議も訴えました。
同時刻、元町東口では「戦争をさせない1000人委員会」も共謀罪反対の宣伝を行うなど、各地でさまざまな団体・個人が強行採決抗議の宣伝行動をとりくみました。
兵庫県憲法共同センターは毎週火曜日の神戸大丸前宣伝も決めていますが、二十三日緊急に地域・団体交流会議を開き、国会終盤へ向けて「共謀罪」廃止へ論議を行うことにしています。
市民と野党の共同で:共謀罪反対パレード 川西
五月二十一日に川西能勢口駅前で、市民と野党による共同行動、改憲と共謀罪反対のリレートークとパレードが実施され、二百人をこえる市民が参加しました。
この行動は、安保関連法に反対するパパとママの会、九条の会かわにし、川西革新懇準備会、連帯兵庫みなせん川西、地域にいきる市民の会など市民グループが実行委員会を構成し、日本共産党や社民党、連合市民クラブなどの市議会超党派の議員が協力しました。安倍政権による憲法改悪や共謀罪法に反対し、「平和とくらし、だれのこどもも幸せに」がキャッチコピーになっています。
リレートークでは多くの市民の飛び込み参加があり、「国民監視の共謀罪は許せない…
最近の投稿

兵庫民報2017-05-21

憲法県政の会事務所びらき:津川さんと兵庫を変える!/志位委員長が神戸で街頭演説/復興県民会議が政府要請/検証兵庫県政4:県民の暮らしと雇用は疲弊/尼崎市議選(28日告示・6月4日投票)迫る/衆院兵庫6区に吉見秋彦氏/淡路市議選にかまづか氏と岡田氏/がんばってます!兵庫4区:おおすぎ鉄夫さん/市民連合@いたみアクション:結成へ集会/「部落差別推進法」の実施許さない:但馬で学習交流会/兵庫県AALAが総会と学習講演会/ノーモアヒバクシャ近畿訴訟・傍聴記2017-15-11/ひなたぽっころりん〈596〉/日本共産党文化後援会が県政学習会/「あさぎ」五月詠草(第84回)/神戸演劇鑑賞会6月例会:ミュージカルコメディ『死神』/観感楽学/ 憲法県政の会事務所びらき:津川さんと兵庫を変える!
憲法が輝く兵庫県政をつくる会の事務所開きが五月十五日に行われ、三百人が集まり、津川ともひさ代表幹事を先頭に七月二日投票の県知事選勝利へ「兵庫県を変える!」の決意を新たにしました。
兵庫労連の成山太志議長が闘争本部長として開会挨拶。原水協、兵商連、新婦人、学者の会、ママの会、弁護士や福島県からの避難者、未来の社会を考える仲間たちなどから次々と津川さんへの期待のスピーチが行われました。


日本共産党の堀内照文衆院議員も駆けつけ、国会の異常な様子を報告し、「自治体は住民の命と暮らしを守る防波堤。その役割を果たしていない兵庫県政。兵庫から政治の大きな転換を」と呼びかけました。


最後に登壇した津川さんは、「もう勝つしかない!」と決意表明を切り出し、暮らし、平和、原発ゼロ、憲法が輝く県政への転換への決意を力強く語り、大きな拍手とがんばろう!の声が沸き起こりました。
*

事務所の所在地は神戸市兵庫区西橘通1丁目1―20(JR神戸駅から北西へ徒歩10分)
志位委員長が神戸で街頭演説 野党と市民の共闘で安倍暴走政治に審判を
日本共産党の志位和夫委員長は5月13日、堀内照文衆院議員はじめ衆院小選挙区予定候補らとともに神戸大丸前で街頭演説を行い、「次期総選挙で野党と市民の共闘と日本共産党の躍進で安倍自公政権に厳しい審判を下しましょう」と訴えました。憲法県政の会の津川ともひさ代表幹事も県知事選へ向けての決意を訴えました。
復興県民会議が政府要請 災害援護資金、借り上げ住宅など
阪神・淡路大震災救援・復興兵庫県民会議…

兵庫民報2017-05-14

憲法生かす政治を:メーデー、憲法集会、共謀罪反対パレード/検証兵庫県政 3:大型開発、産業立地、大企業には大盤ぶるまい/「自民党神戸」の政務活動費不正流用で書類送検/日本共産党神戸市議団が市民アンケート実施中/宍粟市議選:山下ゆみ氏激戦制し四選/香美町議選は無投票:山本・谷口両氏が当選/住民無視の太陽光発電所計画が中止/大門みきしエッセイ17:ちょっと危ない「夫婦相和し」/がんばってます!兵庫3区:ふじたに香恵子さん/兵庫革新懇の春季特別講座に50人/辺野古の新基地ゼッタイ止める!集会/武庫川渓谷廃線跡ハイキングガイド/みんぽう川柳〈四月〉「晴れ」/日本国憲法は芸術品:段重喜/観感楽学/ 憲法生かす政治を5月連休にさまざまな取り組み ことしの五月連休は、好天とはうらはらの安倍暴走政治に対し、憲法を守れ、憲法どおりの政治をとの願いとたたかいへの決意が、メーデー、憲法集会、「共謀罪」反対パレードなど様々な行事・取り組みで示されました。
メーデー
第八十八回兵庫県中央メーデーは五月一日、神戸・東遊園地で開かれ、千五百人が参加しました。
実行委員会代表委員のの成山太志兵庫労連議長は主催者挨拶で「『政治は変えられる』ということを私たちの力で示すことが重要。今年はその最大のチャンス」だとして、「七月の兵庫県知事選挙、秋の神戸市長選挙、そして総選挙で勝利し、安倍政権を退陣させ、政治を変える流れを決定づけよう」と強調しました。
来賓挨拶で日本共産党の堀内照文衆院議員は、「『共謀罪』を葬り去り、『憲法を守れ』と力を合わせていきたい。八時間働けば普通に暮らせる社会の実現へ頑張る」と決意を述べました。


津川ともひさ県知事予定候補は、各地で地域を守ろうと努力を重ねている人々と力を合わせ、兵庫県政を転換していく決意を表明しました。
新社会党兵庫県本部のきくち憲之書記長も挨拶しました。
*
「子どものために、平和のために、未来のために 尼崎憲法集会」が五月三日、阪神尼崎駅前の中央公園で行われ、二百七十人が参加しました。
同集会は、「戦争・原発・貧困・差別を許さない尼崎共同行動」が主催し、超党派で開催されたものです。
集会では、主催者を代表して、九条の会・尼崎ネットワークの高原周治共同代表が挨拶。沖縄報告や原発なくす取り組み、「従軍慰安婦」問題など各分野からの報告が続きました。
堀内照文衆院議…